2006年01月27日

Cocteau Twins "Treasure" (1984)

邦題は「神々に愛された女たち」ですが、曲名は必ずしも女性ではありません。1曲目の'Ivo'なんて、4AD創始者の男性ですし。ごく一部を除いて、nakaQも知らない名前が並んでいます。ちなみに、Cocteau Twinsの所属した4ADというレーベルはZTTとほぼ同時期にかなりの人気を得たインディーズ系レーベルです。

1曲目'Ivo'は、アコースティックギターのコードストロークとドラムマシンをバックに、Elizabeth Fraserが美しい歌声を披露します。サビではなんだか凄みの効いた声になったりして表情を付けますが、いずれにしても美しい声と思います。

続く'Lorelei'も大好きな曲です。シンセサイザの音色はひんやりした印象ですが、曲調がぐっと明るく、よい感じです。ドラムマシンの硬質なスネアも大活躍。この曲でも、Elizabethは透明感のある歌声とエグみのある歌声を使い分け、表情を与えています。

'Pandora'はギリシア神話に登場する、決して開けてはいけないといわれていた箱を好奇心から開けたためにありとあらゆる災いを解き放ってしまった女性です。曲はスローテンポで、Elizabethの歌声は癒すかのように美しい。もううっとりしてしまいそうな世界です。ところで、深い悲しみをもたらしたPadoraの箱から最後に出てきたものは?・・・「希望」だった、というのが神話ですが、こと平和に関してはなんだか泥沼な状況になりつつあるように感じられる昨今、最後には希望が残る、ということを祈りたく思います。

nakaQ評価:★★★★

Cocteau Twins "Treasure"
Treasure


曲目リスト

1.Ivo
2.Lorelei
3.Beatrix
4.Persephone
5.Pandora
6.Amelia
7.Aloysius
8.Cicely
9.Otterley
10.Donimo

Cocteau Twins - Treasure試聴できます
posted by nakaQ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。