2006年01月25日

"Christina Aguilera" (1999)

Christina Aguileraのデビューアルバムです。

時に黒髪で出てきたりするChristinaですが、nakaQはやっぱりデビュー時のブロンドが好きです。黒髪のほうが本当のChristinaなんでしょうが、あまりもろだしにしないのがショービジネスの仁義じゃないか、って思います。'Car Wash'のプロモなどではまたブロンドになっていて、これは大好きです。歌う表情もすごくセクシー。

このアルバムというと、やっぱり'What A Girl Wants'がいいのですが、アルバムに収録されているバージョンはすごくアコースティックで、プロモビデオから入ったnakaQにはかなり違和感があります。やはりHi-Qが活躍するソリッドなプロモビデオのバージョンが好きです。途中でお姫様になったり、いたずらっぽいChristinaの表情が最高です。

大ヒット曲の'Genie In A Bottle'は当然よいのですが、'Come On Over (All I Want Is You)'も楽しくてよい曲です。とにかく、この頃のChristinaは若かったですし、初々しさと確固たる実力を備えていることがよくわかり、今もってこの頃のChristinaはよい!と思います。

Christina Aguileraは1999年の第42回グラミー賞でBest New Artistを受賞していますが、この年はBritney Spearsもデビューしています。歌唱力から言うと当然比べものにならないので、この結果は納得できるのですが、はじめからライバル同士というか、すごい因縁を感じます。

nakaQ評価:★★★★

"Christina Aguilera"(♪全曲試聴可)
Christina Aguilera


曲目リスト

1.Genie in a Bottle
2.What a Girl Wants
3.I Turn to You
4.So Emotional
5.Come on Over (All I Want Is You)
6.Reflection
7.Love for All Seasons
8.Somebody's Somebody
9.When You Put Your Hands on Me
10.Blessed
11.Love Will Find a Way
12.Obvious
posted by nakaQ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。