2006年01月24日

Chick Corea "My Spanish Heart" (1976)

nakaQはChick Coreaも大好きです。nakaQが聴いたアルバムはどの作品も素晴らしいのですが、特に愛聴度の高いのがこの作品です。もとはLP2枚組みとしてリリースされましたので、ボリュームもたっぷりです。

冒頭'Love Castle'からロマンチックなピアノとChickの奥方Gayle Moranの美しいボーカルがアルバムの世界にリスナーを引き込みます。ベースがシンセベースになっているのもジャズ・フュ―ジョン系としては珍しいと思うのですが、自由にベースラインを奏でているので、Chickの手弾きと思います。

このアルバムはよい曲が揃っているのですが、nakaQが特に好きなのは'Armando's Rhumba'です。Chickのお父さんの名前が付いたこの曲は、アコースティックなピアノやバイオリンがごきげんなソロを繰り広げる、楽しい曲です。Chickもライナーノーツでお父さんとお母さんに謝辞を書いており、とても微笑ましく思います。

またこのアルバムには素晴らしい組曲が2つ入っており、一つは'El Bozo',もう一つは'Spanish Fantasy'です。

'El Bozo'はChickのシンセサイザがポップに大合奏する'El Bozo PartII'が大好きです。テクノポップを先取りしたような曲ですが、とても楽しく仕上がっています。この頃の、多重録音によるシンセサイザ曲はTodd Rundgrenの"Something/Anything?"でも'Breathless'等がありますが(この曲もすごく楽しい曲です)、とにかくこの'El Bozo'はChick Coreaらしい、かわいくてよい曲と思います。

もう一つの'Spanish Fantasy'はこのアルバムの締めくくりであると同時に最大のスケールを持つ組曲です。この組曲の中ではnakaQは'Spanish Fantasy,Part II'でのChickのアコースティックピアノ、シンセサイザとSteve Gaddのドラムのバトルが最大の聞き物です。Steve Gaddのドラミングには本当に歌心を感じます。

nakaQ評価:★★★★★

My Spanish Heart
My Spanish Heart


1.Love Castle
2.The Gardens
3.Day Dance
4.My Spanish Heart
5.Night Streets
6.The Hilltop
7.The Sky
8.Wind Dance
9.Armando's Rhumba
10.Prelude To El Bozo
11.El Bozo, Part I
12.El Bozo, Part II
13.El Bozo, Part III
14.Spanish Fantasy, Part I
15.Spanish Fantasy, Part II
16.Spanish Fantasy, Part III
17.Spanish Fantasy, Part IV

Chick Corea "My Spanish Heart"(Rmst)(♪全曲試聴可)

Chick Corea - My Spanish Heart試聴できます
posted by nakaQ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(1) | Jazz&Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

シンセベース
Excerpt: シンセベースシンセベースは、シンセサイザーで演奏されるベースパート、もしくはその音色を指す。アナログシンセサイザーの登場初期には、電子オルガンの足鍵盤に相当するベース演奏専用のシンセサイザーとして「ベ..
Weblog: 音楽を奏でる(雑学編)
Tracked: 2006-02-04 06:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。