2008年10月22日

Pink Floyd "Atom Heart Mother" (1970)

オーケストラな響きを放つ名盤

nakaQがこのアルバムを聴いたのは高校の頃に授業として部活動があって、音楽鑑賞部なるレコード音楽を講堂で聴くという非創造的な部に所属していたのですが、その顧問の先生がロックばかりかけるコアな先生で、その時このアルバムがかかり、「随分とオーケストラな印象のロックだな」と感じた覚えがあります。

今回、30年近く経って再び聴いたのですが、やはりイメージは変わらずオーケストラなロックでした。ロン・ギーシンなる現代音楽家と組んで作ったということで、納得したのですが、とにかくブルース・ロック的なテイストと、明るく輝かしく、時に前衛で奇抜な印象の芸術音楽的パートがとても上手く融合した作品と思います。

これは特にタイトルチューンでもある1曲目'Atom Heart Mother'で顕著にその成果が現れており、高揚感のあるブラスによる主題が特に良いと思います。また、中盤のDavid Guilmourのブルージーなギターソロのパートもとてもよいです。すごいテクニックだとは思わないのですが、説得力のあるソロという感じで、まあバカ速くなくてもこんなギターがいいよね、なんて和んでしまう出来です。

大曲の1曲目以外では、'Summer '68'が好きです。この曲もブラスが活躍するのですが、いかにも60年代然としたポップな曲調と、The Beach Boysを思わせるコーラスがごきげんです。

nakaQ評価:★★★★★

Pink Floyd "Atom Heart Mother"
Atom Heart Mother

曲目リスト

1. Atom Heart Mother: Father's Shout/Breast Milky/Mother Fore/Funky Dung
2. If
3. Summer '68
4. Fat Old Sun
5. Alan's Psychedelic Breakfast: Rise and Shine/Sunny Side Up/Morning ...
posted by nakaQ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。