2008年07月25日

The Pop Group "Y" (1979)

尖鋭なファンク

The Pop Groupのこのアルバムは、なによりジャケットがすばらしい。ずっと聴く機会がなくて最近聞いてみたのですが、第一印象は「なんじゃこりゃ?」。もっとバーバリスティックな音楽を想像していたのですが、意外にソフィスティケートされているし、ダブっぽい音場処理もなんだか興ざめに感じました。が、何度か聴いているうちに、やっぱり名盤だぞ、と確信するに至りました。

冒頭の'She is beyond Good and Evil'はオリジナルには収録されていなかったシングル曲ということですが、ノリのよさと、図太いファンクがごきげんなナンバーです。ただ、後の曲と比べるとやはり「ポップさ」が際立っていて、ちょっと異色な印象を与えます。

2曲目以降本来のこのアルバムが展開されますが、とてもかっこいい反面シリアスな印象です。'Thief of Fire'は特にファンクベースが大活躍し、サックスの咆哮を交えフリーキーにファンキーに曲が展開します。

音楽的に非常に美しい瞬間を見せるのも本作品のとてもよいところで、'Savage Sea'でのリリカルなピアノやストリングスなどとても美しい。やはり力量的にとても高い人たちだと感心させられます。

nakaQ評価:★★★★

The Pop Group "Y(最後の警告)"
Y(最後の警告)

1. シー・イズ・ビヨンド・グッド・アンド・イーヴィル(オリジナル未収録曲)
2. 戦火は消えない
3. スノーガール
4. 外人部隊の叫び
5. 狂気の時
6. サヴェージ・シー(狂った海に立ち向かった兵士)
7. 言葉は裏切り
8. 兵士のあがき
9. 人類回帰
10. 夢を売りわたすな
11. 3:38* 初CD化音源
posted by nakaQ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。