2013年08月12日

Ten "STORMARNING" (2011)

ハードロックの範疇に留まらないメロディアスロック

Gary Hughesのプロジェクトバンド的なTenの9作目スタジオアルバムです。

オープニングナンバー'Endless Symphony'は土着的な太鼓で幕を開けます。ルーツとしてのケルトを感じさせ、ハードロック/へヴィメタルのみのアルバムでないことを予感させます。
続いて輝かしい音色でピアノがイントロメロディを歌い、リリカルに主旋律を奏でます。このあたり、しっとりとしていてnakaQ好み。カスタネットもとてもいい。
この後ディストーションギターがバッキングで入り、いわゆるハードロックな展開になるのですが、Gary Hughesの書くメロディやハーモニーが大変美しく、ギターもうるさく感じません。Tenは一応はハードロックバンドに分類されるのでしょうが、ブリティッシュ特有の叙情性を湛えたサウンドで、ポップな味わいがあります。

タイトルにもなっている'Stormwarning'も同様にハードロック様式に則った叙情ロックです。シンフォニックなシンセサイザと分厚いハーモニーが美しい。この曲では特にドラムスが大活躍し、力強いロールがすばらしいです。終末観を漂わせる(が、お尻が素敵な)ジャケットデザインとよくマッチした佳曲に仕上がっています。

前半はドラマチックな楽曲が並ぶのですが、後半はぐっとポップな印象になります。'The Hourglass And The Landslide'はそんなポップ曲の代表格で、ツインギターの絡みもメロディアスで好きです。

おすすめ度:★★★★★

STORMWARNING
STORMWARNING


曲目リスト

1. Endless Symphony
2. Centre Of My Universe
3. Kingdom Come
4. Book Of Secrets
5. Stormwarning
6. Invisible
7. Love Song
8. The Hourglass And The Landslide
9. Destiny
10. The Wave

posted by nakaQ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock&Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。