2009年11月22日

Perfume "" (2009)

よりダンスビートが強まったPerfume


このアルバムを聴いてまず思うのは、ダンス(というかクラブ)色が強まったなということです。

中田ヤスタカはクラブの人ですし、これまでも「Perfumeにはポップスとして成立するものをドロップしている」旨のことを言っておられましたので、彼の本領に近いところに行きつつあるのかなという感はあります。

そんな研ぎ澄まされたビートが端的に現れたのが、'edge'や'Kiss and Music'などの曲でしょう。このあたりになるとポップというよりクラブ音楽そのものに近く、音数的にも過剰さは全くなく、Perfumeの3人の声もエフェクトが強くかかり人工的なテイストを強調します。シングル'ワンルーム・ディスコ'もこの路線と思うのですが、はじめ聴いた時はあんまり好きじゃなかったのですがアルバムの中で聴くといい曲だと思います。

すでにヒットしたシングル曲の'love the world'や'Dream Fighter'はダンスビートは強力ですが、'ワンルーム・ディスコ'ほどクラブ的でもなく、いわゆる親しみの持てるヒット曲といった趣です。シンセサイザの音色が愛らしい'love the world'、ブンブン唸るシンセベースが快感の'Dream Fighter'、いずれもサウンド的にもとてもすてきな曲です。

nakaQ的には'願い(Album-mix)'がとても魅力的です。生楽器に聞こえるストリングスがシンセサイザによるものなのかよくわかりませんが、祈るように繰り返されるリフレインといい"GAME"の'Puppy love'と同様に胸キュン度が高いです。Perfumeのアルバムは終曲にやられてしまいます。

例によって画像をたくさん貼っておきます。

nakaQ評価:★★★★

Perfume ""(♪試聴できます)
トライアングル(通常盤)

曲目リスト

1. Take off
2. love the world
3. Dream Fighter
4. edge <-mix>
5. NIGHT FLIGHT
6. Kiss and Music
7. Zero Gravity
8. I still love U
9. The best thing
10. Speed of Sound
11. ワンルーム・ディスコ
12. 願い

トライアングル(初回限定盤)
トライアングル(初回限定盤)

love the world(初回限定盤)(DVD付)
love the world(初回限定盤)(DVD付)

Dream Fighter(初回限定盤)
Dream Fighter(初回限定盤)

ワンルーム・ディスコ(初回限定盤)
ワンルーム・ディスコ(初回限定盤)
posted by nakaQ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Jpop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。